2007年02月03日

六本木 イタリアン LaPigna(ラ・ピーニャ)

六本木 トラッテリア LaPigna(ら・ぴーにゃ)
☆☆☆☆

後輩から六本木にNEWオープンのイタリアンができたからとお誘いいただき、「LaPigna(ラ・ピーニャ)」へ。地下鉄六本木1丁目駅から徒歩4分。セントラルクリブ六本木Ⅲビルの1階。ガラス張りの明るい雰囲気、スペースもオープンな感じ。

まずは、大好きなザ・プレミアム・モルツビール乾杯。一週間の疲れも一気に吹っ飛んでしまう幸せぴかぴか(新しい)

今夜は、アラカルトで二人で6品の料理を注文。特に、おいしかったのは・・・。
トマトとモッツェレラチーズとバジルのカプレーゼ。イタリアンの前菜では、私の定番。トマトは2月から“旬”とお店の方に伺いビックリ。ハウスでも正月には甘いトマトは難しいらしい。トマトにモッツェレラをはさみこみ、まるでアコーディオンのようで、綺麗グッド(上向き矢印)。バジルソースと熟成したバルサミコソースをつけながら、食す。トマトの甘みとバルサミコの香ばしさとややなチーズがとってもマッチ手(チョキ)
rapinyatomatocheese.jpg

パスタは、トマトソースの自家製トルッテリ。トルッテリとはパスタ(の皮?)にリコッタチーズとほうれん草がペースト状に入ってるもので、これにトマトを火にかけてあっさりとした味わい。やっぱり、トマトとチーズの相性がいいわーい(嬉しい顔)のを再認識グッド(上向き矢印)
rapinyapasta.jpg

その他、茄子のタルト、ゴルゴンチーズとくるみのペンネ、カンパチのソテー、牛フィレのバルサミコソースをいただく。かなり、満腹ハートたち(複数ハート)

このお店ではデザート目当てでランチも賑わっている、とのことで、お薦めのパンナコッタキャラメルソースを注文。こんなにコクのあるパンナコッタバースデーは初めて。やや固めで弾力性があるのが、コクにつながっている感じ。そのコッテリ感をスライスしたイチゴの酸味と、甘苦い?カラメルソースが本当にマッチ。これなら、パンナコッタだけでも食べに行きたくなる~わーい(嬉しい顔)
rapinyapannacotta.jpg

夜のコース料理は、肉・魚コースそれぞれ6000円の日替わりもあり。落ち着いた大人の雰囲気、男性グループ客、男女2~4名、女性グループ客など多種多様。ワインも色々合って、食事とも楽しめる。

ラ・ピーニャは、他のブログでも紹介されていますね。

六本木 トラッテリア LaPigna(ラ・ピーニャ)
港区六本木2-3-7-セントラルクリブ六本木Ⅲ1階
電話 03(5573)4250

〓〓〓banner_02.gif
人気blogランキングへ



ラベル:イタリアン
posted by ピッコロ at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 六本木 | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。