2009年06月16日

大阪谷町 フレンチ Le Caneton(ル・カネトン)

大阪の谷町にある、カジュアルフレンチ「Le caneton(ル・カネトン)」に行ってきました。

le caneton

お料理は、フォアグラと鴨が中心。
しかも、店長兼ソムリエが大のフランスワイン好き、とのこと。

こんな私好みのお店が大阪にあるなんて!


レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

乾杯はシャンパンで。

le caneton wine

グラスシャンパンは3種類もそろっていました。シャンパンによっては、マグナムサイズ(1500ml)で出しています。シャンパンをマグナムサイズでグラスで出せるということは、結構、シャンパンが出るのでしょうね。

私は、ピノ・ノワール主体のシャンパンをお願いしました。

そして、お料理はアラカルトで頼み、4人でシェアして注文しました。

卵たっぷりのオムレツ。

le caneton omurett

トリュフが散りばめられて…なんて、贅沢なのでしょう!

メインは、フォアグラのソテー。

le caneton forgras

フォアグラは、テリーヌなど6種類ぐらいのメニューがずらり。しかも、温製と冷製がありました。でも、フォアグラと言ったら、

温かい!

のが圧倒的に好き!
一応、全員一致でフォアグラのポワレをお願いしました。

le caneton forgras

赤ワインが合う合う!

店長でもあるソムリエが選んだくれた、赤ワインは、

シャサーニュ・モンラシェ ドメーヌ・ラモネ(赤)2004(Chassagne Montrachet,Ramonet)

le caneton red wine

程よい熟成感で、お料理とのマリアージュが素晴らしいです。

鴨料理は、メニューに5~6種も。ココット鍋ごと出てきました。

le caneton duck

店長兼ソムリエとは、ニュージーランド旅行でたまたまご一緒する機会があり、今回、お伺いすることになりました。

店長のブログ「Le Caneton 仔鴨の日々」も更新されていますね。

フォークやナイフ置きも鴨でした。

le caneton fork

4人だったので、色々と頼んでシェアできたのがよかったです。

le caneton food

フォアグラと鴨料理と、グラスシャンパン飲んで、赤ワイン1本頼んで、9,000円/人ぐらい。

赤ワインがシャサーニュ・モンラシェ(赤)2004と考えると、結構リーズナブルかも。

あいにく、デザートまで辿りつけなかったので、次回はそのあたりまで計算してお伺いしたいものです。

1階は、数名のカウンター席があったので、ワインバーとしての利用もあり、のようです。

御馳走様でした。


Le Caneton(ル・カネトン)
大阪府大阪市中央区上本町西2-6-23
06-6761-1717
地下鉄谷町線谷町六丁目駅3番出口より徒歩一分

 

レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



posted by ピッコロ at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 京都/大阪 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

自由が丘 ワインバーレストラン ルタン(Le Temps)
Excerpt: 自由が丘 ワインバーレストラン Le Temps(ルタン)に行ってきました。 フォアグラのポワレ。 タルトにのって出てきました。 フォアグラといえば、ワインはソーテルヌ。 お店スタッフが薦め..
Weblog: 東京グルメ散策日記
Tracked: 2010-02-26 23:42
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。