2009年06月29日

牡蠣と日本酒のマリアージュ「和浦酒場 弐」

浦和で日本酒がおいしい居酒屋、とウワサの「和浦酒場 弐(わうらさかばに)」に行ってきました。

waurasakabani

浦和は、前回の浦和ナイトに続く2回目。
浦和 居酒屋 どうどう 10種の刺身盛り
浦和 居酒屋 浦和丸で角ハイボール
浦和 バー ダブコット(Bar DOVECOT)で初のイチローズモルト


“日本酒は大丈夫ですか?”
“昔はよく飲んでいたんですよね…”と私。

最近は、ワインやウイスキー(含 ハイボール)を飲むことが多いですが、もちろんTPOに合わせて、日本酒もいっちゃいますよ。

しかも、日本酒は、甘口が好きなんです!


レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

「和浦酒場 弐」は、お刺身、野菜、コロッケなどの家庭料理など色々とありました。

レバ好きには、レバテキもたまりません。(レバテキ=レバーのステーキ、写真↓右上)

waurasakabani food

そして、ビールのあとに頼んだのが、「るみ子の酒」。テーブルにつくなり、メニューがあって、気になっていました…。

waurasakabani sake

そう、純米酒が結構好きなんですよ。やや甘めでちょっと濃厚な感じ…そうそうこんな日本酒が好きでしたよ、私。

テーブルは、いつの間にか、貝づくしに。

waurasakabani kai

ホタテ、ムール貝、ほっき貝、はまぐり…。

そして、ブログで気になっていた、“牡蠣&日本酒”のマリアージュを試したく、お願いしちゃいました。

牡蠣と言えば、
・シャブリ(フランス・ブルゴーニュの白ワイン)
もしくは、
・ボウモア(スコットランド・シングルモルトウイスキー)
でしょ?

ジャジャーン、牡蠣の盛り合わせ。

waurasakabani kaki

合わせるは、日本酒「天遊琳(てんゆうりん)」。(ボトル撮影忘れ)

waurasakabani sake

「天遊琳」だけで飲むと、やや塩水っぽい感じ。
そして、「天遊琳」を牡蠣に2~3滴ふりかけて、ぱくっといただきます。その後、また「天遊琳」をいただくと…口の中でふんわ~りと広がる広がる。マリアージュって、どうしてこんなに人を幸せにしてくれるのでしょうね…。(あたったかもしれない人、ごめんなさいね。)

その後は、日本酒と、ニラモミやチーズの味噌漬けをつつきながら、

waurasakabani tumami

今宵はふけ…気がつけば、23時を回り…。また、浦和でゆるりとしてしまいました。

本当は、モルガンのある「ハイボールストリート」に寄りたかったのですが、あいにくの臨時休業日。また、浦和に行く理由ができてしまいました(笑)。

そして、今宵は、お祝い会ということで、シェ・シブヤ(大宮)のモンブランのケーキもいただきました。これもおいしかった!

今回は、個室だったので、写真も気兼ねなく、バシバシと撮れました。(でも帰宅して見てみると、日本酒のボトルの写真はほとんどなかったです…。)

「和浦酒場 弐」は、駅から少々離れていますが、浦和初心者は、「埼玉会館」→「玉蔵院」をめざし、まずは浦和駅西口から真っ直ぐ歩くといいと思います。(反省もこめて…)

幹事のコグレさん@ネタフル、有難うございました。


和浦酒場 弐(わうらさかばに)
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-17-5
048-6990-5000
JR浦和駅下車西口から徒歩8分。


レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



posted by ピッコロ at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨/埼玉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。