2009年07月25日

銀座ひかり 旬彩 魚 Cuisine

銀座1丁目の「銀座ひかり 旬彩 魚 Cuisine(キュイジーヌ)」に行ってきました。

hikari shop

久し振りの友人からのお誘いで、
“肉以外でお願い!”
とメールした私。

確かその週は、目黒「ホルモン稲田」、「築地銀だこハイボール酒場(新宿)」、そして家ではヒレカツ、と肉ばかり続いていた1週間だったでした…。

友人は、
“銀座 魚”
とググって、「銀座ひかり」を予約してくれたそうです。


レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

「銀座ひかり」は、魚と言っても、刺身ばかりでなく、創作系のオリジナル和食ダイニング。

アボカドフライネギトロディップ。アボカドに衣をつけてフライされて出てきました。

hikari negitoro

そのアボカドに、ネギトロをディップとしてのせていただきます。この二つ、食感が似ているかも。味も淡泊でした。ちょっと珍しいメニュー。

hikari negitoro

そのほか、お刺身や枝豆、3種お惣菜盛り合わせ、炊きこみご飯をいただきました。ザ・和食。

hikari food

お酒は、ビールのほか焼酎、梅酒が充実していました。私もビールのあとは、梅酒をロックでいただきました。

シメには、本日の鮮魚でひかり風炙りご飯。この日は、サーモン、白身魚、まぐろの3種。サーブされたテーブルで、お店スタッフがバーナーで刺身を、ジューっとひと炙り。

hikari sushi

10秒ほどで、炙りご飯の出来上がり。棒寿司状になっていたので、お箸で切り分けていただきました。お魚が半生でおいしかったです。

hikari sushi


この日は金曜日だったので、お店は予約後2時間制。21時頃には、次のお客さんが入口で待っていました。遅い時間の方が混んでいるんですね。今宵は、4,500円ぐらいでした。いわゆる居酒屋や小料理店、というよりは、ダイニングバーの雰囲気です。

ぐるなびには、46席と書いてありますが、奥にも席があったのでしょうか…。カウンターとソファタイプのお席だったので、数人の集まりの方がよさそうです。

東京グルメ散策日記 銀座のカテゴリーもどうぞ。


銀座ひかり 旬彩 魚 Cuisine
東京都中央区銀座1-9-12 西山興業東銀座ビルB1
地下鉄有楽町線銀座一丁目駅10・11番出口徒歩1分、JR有楽町駅京橋口徒歩4分、地下鉄銀座駅A13番出口徒歩4分


レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



posted by ピッコロ at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀座 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。