2009年12月09日

青山 ビストロ ブノワ(BENOIT)

青山 ビストロ ブノワ(BENOIT)。

BENOIT egg

11月にビストロにリニューアルしていました。

BENOIT menu

それまでは、高級フレンチというイメージでなかなか手も足もでなかったのですが、随分とカジュアルフレンチになったようです。

BENOIT interior

店内は、70~80名ぐらいのわりと大きなダイニングですが、アットホームな雰囲気がとても気に入りました。


レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

訪問したのは、11月のボジョレーヌーヴォーの解禁直後。

BENOIT ham

数種の生ハムと、ジョルジュ デュブッフのボジョレーヌーヴォーを楽しみました。

メインディッシュは、ビストロの定番料理の牛肉の煮込み。

BENOIT beef

ワインが非常に楽しめる組み合わせです。

「ブノワ」は、お料理もおいしかったのですが、スタッフのサービスが抜群。若いスタッフも結構いましたが、しっかり&はきはきとしていて、非常に清潔感あふれているサービスでした。(だからと言って、かしこまらず…。)店内には、エッフェル塔の模型もあったりして、まるでフランスのビストロ気分でした。

benoit wine

そういえば、フランスは2003年に行ったのが最後。当時、ボジョレーヌーヴォーの出来が100年に1度と言われている年で、ちょうど収穫期にボルドーに行っていたんですよね。懐かしい…。

デザートは、りんごのタルトタタン。

BENOIT apple

フランスサイズらしく、一人分で手のひらサイズのものが出てきました。りんごの火の通ったデザートは大好きなので、もちろん完食。タルトタタンは、かつてお料理教室でも習ったけど、つくるのに結構手間がかかるので、外で食べるのが一番!という結論になったことを思い出しました。

そして、ボジョレーヌーヴォーの解禁にちなんで、ボジョレーヌーヴォーでつくったソルベ(シャーベット)。

BENOIT sorbe

ほんのりと溶けてワインに戻りつつあるところをいただくと、ほんわかおいい気分になってしまいました。

「ブノワ」は、通常でもディナーが3,800円からのコースができたようで、本当にお手頃になったように思います。サービスもよかったので、ビストロでワインとお料理を楽しみたい方にオススメです。

今年は、表参道のイルミネーションも復活したそうなので、クリスマス前後は混んでいるのでしょうか。

またまた行きたいお店です。

東京グルメ散策日記 表参道のカテゴリーもどうぞ。
東京グルメ散策日記 ワインのカテゴリーもどうぞ。


青山 ビストロ ブノワ
東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山10階
03-6419-4181
表参道駅B2出口より徒歩3分


レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


posted by ピッコロ at 21:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 表参道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。