2009年12月25日

ペニンシュラ東京 クリスマスランチ(Peter)

有楽町にあるホテル「ペニンシュラ東京」。24階のバー「Peter」の クリスマスランチに行ってきました。

peninsula exit

ランチなのに予約がとれた時間は、14時15分。2週間以上前に電話をしたんですけどね…。

前菜には、人参スープがかかったヨーグルトのムースが出てきました。

peninsula ninjin

人参のほのかな甘みと、ヨーグルトの酸味。はじめて食べるマリアージュでした。


レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

メニューが重くてずっしり。

peninsula menu

前菜、魚料理、肉料理、デザートに分かれていてプリフィクスの選べるコース。今回は3品3,500円のコースにしました(4品だと4,800円)。そして、選んだのは、前菜なしで、魚・肉・デザートの3品。メニューにもよりますが、3品ならこれが一番よいの組み合わせのような気がしました(ボリューム的にも、女性でも食べれますね)。

パンは3種類、バターは有塩と無塩の2種類が出てきました。パンは、バケット(写真手前)がおいしかった~。

peninsula bred

魚料理で選んだのは、雲丹のデキュスタション。雲丹をつかった料理が3皿と贅沢に出てきました。

peninsula uni

ほんのりわさび味だったり、柑橘系のシトラス風味だったり…とちょっとユニークでしたね。ビジュアル的には、写真映えがします。

お肉料理は、丹波産黒鶏のローストでクリスピーな小豆とお餅のフリット抹茶とセルフィーユの軽いソース。

peninsula chiken

ヘルシーメニューですね。さっぱりとしていました。もちろん小豆も甘くないです。和風というか、アジアンテイストでしょうか。

デザートは、チョコレートのスフレと、アプリコットのポットドクレーム。

peninsula dessert

濃厚なチョコレートと、甘酸っぱいソースがかかったプリン。スタッフのオススメで、チョコレートスフレにプリンをかけてみると…

peninsula choco

合う合う!オレンジピールのチョコレートのような味になりました。

「Peter」はバーのせいか、中央でも横並びのペアシートの造り。

peninsula view

私たちの真向かいの席は、一段高くなっていて、ちょっとお立ち台のような位置。下の席からだと、思わず目がいってしまいます。(上でなくてよかった!)

peninsula room

コーヒー・紅茶のドリンクは、ランチコースとは別料金で700円。焼菓子がついてきました。抹茶のフィナンシェがおいしーい!

peninsula sweets

このクリスマスランチは、サービス料などを含めると、4,700円ぐらいになりました。

「Peter」のお料理はビジュアル的にも魅せられましたが、スタッフのサービス、というかお客さんへの配慮がもうちょっとあってもよかったかなーという感じを受けました。若いスタッフが多いのでしょうか。

ホテル1階からは、「Peter」行きの直通エレベーター。

peninsula elevator

ホテル内もクリスマスのデコレーションが素敵でした。

peninsula hotel.jpg

このクリスマスランチは12月25日まで。ぎりぎり滑り込みですね。

1階のザ・ロビーもかなりの行列ができていました。まだまだ話題のホテルなのですね。

年明けには、ホテルで朝食を!みたいなこともやってみたいものです。


東京グルメ散策日記 銀座のカテゴリーもどうぞ。
Twitter@ishipiccoloのフォローもどうぞ。

ペニンシュラ東京 Peter
03(6270)2763




レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



posted by ピッコロ at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀座 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。