2013年11月04日

パリ散策 ビストログルメ ワインバー ラデュレで朝食 オランジェリー美術館

パリには、1日弱ほどの時間しかとれませんでしたが、雰囲気だけは十分に味わいましたよ。


(写真は、サン・シュルピス教会)

パリ在住のワイン通の友人に案内してもらったワインバー(leverrevole)。





お魚のフリットは天ぷらつゆ風に。和食を意識した味わいです。


ちょっと珍しいグルナッシュ種100%の赤ワインをいただきました。



Le Verre Voléplus
67 Rue de Lancry 75010 Paris(Jacques Bonsergent駅もしくはRépublique駅下車)

同旅行でのロワール地方の散策日記
ロワール・ジアン ドライブ観光しながらランチのひととき
サンセール&シャヴィニョル ワインとチーズの里を巡る

ishipiccoloをフォローしましょう

レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ




美術館へ行くには半日しかとれなかったのと、月曜日だったこともあり、今回はオランジェリー美術館へ。同じ時期に東京からパリへ遊びに来ていた友人と待ち合わせをして観賞。



クロード・モネが好きなので、1階にある「睡蓮」の部屋二つをゆっくりと堪能しました。

その後は地下へ。ルノワール、セザンヌ、マチス、ピカソ、ルソー、モディリアーニ…など、ジャン・ヴァンテール&ポール・ギヨームコレクションがありました。午前中2時間半ぐらいでざっと見れますね。

その後は、人気で予約がとれないと言われているパリのビストロ「ル・コントワール(Le Comptoir du Relais)でランチ。



オデオン駅近くでホテル ルレ・サン・ジェルマンに併設されていました。フランス在住の友人から、「夜は予約がとれないけど、12時までに行けば入れるのでは?」と聞いての訪問です。結局は美術館で時間を費やし、12:45ぐらいの到着。それでも、外のテラス席に案内してもらえました。が、その後は長蛇の列。13時過ぎるとかなり並ぶ感じでした。





ここで困ったのは、フランス語のメニューが読めなかったこと。私は、無難なカルパッチョを、友人はリゾットを注文していましたね。英語表記がないのは、ちょっとつらかったです。

サン・ジェルマン近くだったので、サン・シュルピス教会をちらりと見学。



大ベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」で聖杯のありかを示すキー・ストーンが隠されている場所として登場していたところです。

宿泊していたホテルHotel De L'arcade(ホテル ドゥ ラルカード)は、マドレーヌ駅近くととても便利ところ。



近くには、フォションやエディアール、



ワインショップのニコラなどもありました。



友人のブログで気になっていた、ラデュレでは、



念願のフレンチトーストを注文。



あいにくマドレーヌ店は改修工事中だったので、ジョルジュサンク店で朝食をいただきました。シロップがたまりません。

パリのあとは、TGVにてコルマールへ移動。コルマールでのワインバー&レストラン巡りアルザスでのワイナリー巡りへと続きます。

フランス ワイン グルメ 散策旅行 2013秋のまとめページもどうぞ!

ishipiccoloをフォローしましょう

レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ






posted by ピッコロ at 21:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ旅行グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。