2013年11月09日

アルザスワイナリー巡り ワインテイスティング三昧 その1

フランスのコルマールを拠点にアルザスのワイナリー巡りをしました。9月下旬だったので、ちょうど収穫が始まったベストタイミングでした(但し、小さなワイナリーでは収穫が少し早まったため、見学・訪問ができなくなったところもあったようです、友人談)。

今回は2日間かけて4つのワイナリーを巡りました。

◆Domaine Weinbach(ヴァインバック)



お花に囲まれた玄関がとてもかわいらしい。



スタッフによる案内でテイスティング。リースリング、ピノ・グリ、ゲビュルツ・トラミネールから13種類の白ワインを試飲させていただきました。



Weinbachは、シンプルでエレガントなワイン。単一品種を守り続けている、トラディショナルなワインづくりをしていました。この日は9時30分に訪問しましたが、人気でその後1時間に3組ほどがいらしていました。

収穫直前のぶどうも発見。





ishipiccoloをフォローしましょう

レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



その後、Kaysersberg(カイゼルスベルグ)を散策し、









Kienzheim(キエンツハイム)のレストランCote Vogneでランチをいただきました。



ランチコースで結構ガッツリと…。






久しぶりの友人との再会で話が尽きないものです。





このあたりでは、ちょうどぶどうの収穫が始まりました。



おいで!おいで!と手招きされて…





ぶどうを一粒つまんでいいですか?と聞いたら(友人のフランス語で)、一房くれました。翌朝に朝食替わりにいただいたら、とても甘かったです。シルヴァネールだったかな。



そして、午後には2つ目のワイナリーへ。

◆Marcel Deiss(マルセル・ダイス)
Weinbachとは対象的で、AOC法を超えて(AOC法に関係なく)単一品種でのワインづくりにこだわらず、アルザスでとれたぶどうをうまくブレンド(混醸)して美味しいワインをつくろう、という発想のワイナリーでした。





テイスティングルームもモダンなつくりです。





途中、Hunawihrあたりでひと休み。







ワイナリーやレストランなどを手配・案内してくれた友人に感謝!

2日目のアルザスワイナリー巡りへと続きます。

コルマールでのワインバー&レストラン巡りフランス ワイン グルメ 散策旅行 2013秋のまとめページもどうぞ!

ishipiccoloをフォローしましょう

レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ






ラベル:ワイン
posted by ピッコロ at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ旅行グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。