2013年11月09日

アルザスワイナリー巡り その2 有料試飲を楽しむ

アルザスワイナリー巡りその1に続き、2日目です。

◆Zind Humbrecht(ツィント・ウンブレヒト)
ツィントワイナリーは、スタッフ説明付きの有料試飲(25ユーロ)でした。飲んだのは11種類です。丁寧な味づくりを感じました。



地下の素敵な試飲ルームです。



ishipiccoloをフォローしましょう

レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ




テイスティングしたワインは、この流しに吐いていきます。



この日はアメリカ人など私たちを入れて3組が同じ会でした。



地上に出ると、畑が広がっています。









その後は、リクヴィルでランチをしました。

フォアグラソテーが食べたい!と友人にリクエストしたら、Riquewihr(リクヴィル)のホテルレストランLe Sarment D'orを予約してくれました。



焼き具合もちょうどよかったフォアグラ。



甘めのピノ・グリと合わせていただきました。満足~。



ホテルレストランだったので、商談風のビジネスマンを見かけました。



リクヴィルの街もかわいい。おもちゃのようなチャーミングな色合いでした。





◆Hugel(ヒューゲル)



ワインを勉強でアルザス・リースニングを覚えた頃の味です。日本人のワイン好きにとって、ほっとする味わいかもしれません。

その後はコルマールのホテルへ。車窓にも癒されました。





こうして振り返ると、1日2ワイナリーぐらいがちょうどいいペースでした。

アルザスのワイナリーで買ったワインは2本。ツィントとマルセル・ダイスでいずれもリースニングの白ワインです。



ちなみに、今回の旅行ではワインを4本購入したので、成田空港で課税料金を支払いました。

アルザスワイナリー巡りその1もどうぞ。

そして、コルマールでのワインバー&レストラン巡りへと続きます。

フランス ワイン グルメ 散策旅行 2013秋のまとめページもどうぞ!

ishipiccoloをフォローしましょう

レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ






ラベル:ワイン
posted by ピッコロ at 23:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ旅行グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。