2016年09月19日

ロサンゼルス北のテメキュラワイナリー巡り厳選3(ポンテ、ブライアーローズ、ウイルソン クリーク)

少しさかのぼりますが、ゴールデンウイークにロサンゼルスから車で約2時間、テメキュラにてワイナリー巡りをしてきました。
以前にロスへ来たときのサンタバーバラ、パブ・ロブレスに続く久しぶりのカリフォルニアワイナリー訪問です。

出発前に、ネットでテメキュラのワイナリーを調べ、訪問先はPonte Family Estate Winery、、Briar Rose Winery、Wilson Creek Wineryへ決定。あらかじめ知人に確認しておいてもらいました。

・ポンテ ワイナリー
R0038674.JPG

テイスティングは20ドルで6種。

シャルドネ:樽香がしっかりとあって豊か。ゴールド色で熟成感たっぷり。
テンプラニーニョ2013:ラズベリーのようで、フィニッシュにオークを感じられました。
スーパーT2013:サンジョベーゼがベースなのでイタリアンワインのよう、カベルネフラン2013などをいただきました。

畑、庭も広く、

R0038676.JPG


ウエディングバンケットやレストランもありました。

R0038680.JPG


こんな形でブドウも出来るかな。

R0038678.JPG


ショップもスタイリッシュ、ワインも美味しく満足度満点でした。

R0038686.JPG


結構、グループでの来場も多かったです。日本からの訪問では、ポンテへ行く人が多いようです。

レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


・ブライアーローズワイナリー

穴場だったのはブライアーローズワイナリー。事前に予約も必要とあって、会ったには2組ほど。

R0038691.JPG

テイスティングは15ドルで5種。小さなワイナリーで事前予約制でした。気軽にワイナリーの庭でのんびりと自分のペースでテイスティングできたのがよかったです。

R0038695.JPG


トーキングフロッグ:まるでビールのようなやや濁った感じのスパークリングワイン。甘みと苦みで食前によさそう。
2016ピノブラン:あっさり、爽やか。2014ソーヴィニヨンブラン:すっきり、フルーティー。買おうかどうか最後まで迷って見送り。ボトルワインで購入したら26ドル。
2013エステートリースニング:あっさり。2013シラー:果実味たっぷりでラム肉やソーセージなどに合いそう。ボトルワインで購入したら58ドル。

プレミアムテイスティングは25ドルで5種もあって、テメニュラワン(ボトルワインで購入したら120ドル)2013カベルネソーヴィニオン(ボトルワインで購入したら120ドル)もありました。

R0038693.JPG


R0038697.JPG


・ウイルソンクリークワイナリー

R0038699.JPG


テイスティングは15ドルで5種。フロントのおばさまと仲良くなって、気が付いたら8種ぐらいいただきました。ブライアーローズとは対照的で観光団体客が多く、大きいテイスティングカウンターが4,5つぐらいがあって、スタッフも10人ぐらいで対応するほどです。雰囲気的には修学旅行のような賑わい(もちろん大人ですが)でした。

珍しかったのは、白のカベルネソーヴィニオン。ドライであっさりとしていました。有名なのは、スパークリングワインのアーモンド。購入したのは、2013VSカベルネソーヴィニオンで、ボトルワインで30ドル。ミディアムボディぐらいだと思います。

R0038705.JPG


R0038702.JPG


ウイルソンクリークワイナリーも大型ワイナリーで団体客が多かったです。

ロサンゼルスから日帰りでの訪問でしたが、3つのワイナリーで試飲をするとすっかりといい気分になります。ワイナリー巡りは信頼できるドライバーがいなければ実現したいので、案内してくれた知人に感謝です。

東京グルメ散策日記は、Twitter @ishipiccolo で更新情報を流しています。

レストランの人気blogランキングへはこちら
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

posted by ピッコロ at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ旅行グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437375021
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド